Category: ■ ウラジオストク カジノ一覧

ウラジオストクのカジノ情報

カジノに賭けるロシア 極東開発に力

カジノに賭けるロシア 極東開発に力

■ ウラジオストク カジノ一覧カジノ新聞オンラインニュース- 2015年10月2日

ラスベガス、マカオ、モンテカルロなら分かる。それが、ウラジオストク?――1カ月足らずのうちに、シベリア遠端の新しい巨大ギャンブル複合施設に最初のカジノがオープンする。 ウスリー湾を見下ろす丘の上、北朝鮮の国境からわずか200キロほどの場所に「ティグレ・デ・クリスタル」が立っている。759台のスロットマシンと数十台のルーレットテーブルを備え、ホテルが併設された複合施設だ。 同施設は、ロシア極東地域を開発しようとする最近の必死の努力の一環だ。モンゴルの北側の国境地帯からベーリング海峡まで果てしなく広がるロシア極東地域は、資源が豊富だが、人口が乏しく、ロシアの他地域と比べてもインフラがお粗末だ。 新しいカジノは、この状況を変えてくれることにロシア政府が期待を寄せる数十のプロジェクトの一つだ。他の特区と同様、政府はここでも投資家に、簡素化された承認プロセスと査証(ビザ)の免除、税制優遇措置を提供している。 ウラジオストク カジノ ■ リスクの高い構想 世界最大のギャンブル界の投資家の1人は、すでに賭けを行った。マカオのカジノ王、ローレンス・ホー氏がティグレ・デ・クリスタルの主要投資家なのだ。 ホー氏の投資会社サミットアセント・ホールディングス(凱升控股)の財務・戦略担当取締役のエリック・ランドヒール氏は言う。「我々はロシア極東の沿海地方で最大の法人投資家だ。第1段階に5億ドル投資しており、当社の投資額はいずれ9億ドルに達するだろう」 ヨーロッパ人にとっては、この場所は地の果てのように思えるかもしれないが、賭博業界からすると、カネになるかもしれない。 「ここから飛行機で3時間の圏内に3億人以上の人が住んでいる」。ティグレ・デ・クリスタルの支配人で、陽気なスコットランド人のクレイグ・バランタイン氏はこう言う。「人数ではロシア人が我々のビジネスの8割を占めるとみているが、金額ベースでは中国人が8割を占めるだろう」 中国の腐敗の取り締まりがマカオのビジネスにメスを入れた今、これはリスクの高い構想かもしれない。マカオでは2015年上半期に、中国人プレーヤーから得た賭博収入が前年同期比で3分の1以上減少した。中国経済が減速しているため、状況はさらに悪化する可能性がある。 だが、ウラジオストクは中国だけでなく、日本や韓国からも近い。バランタイン氏は、韓国の旅行代理店からすでに多くの予約を受け付けたと話している。さらに、中国の国境検問所が2カ所近くにあることは、多くの中国人訪問客がツアーバスで新たなリゾート地に行くことができ、米国人にとってのリノやアトランティックシティーに匹敵する安い選択肢になることを意味している。 ■ いら立つ投資家 だが、新たなカジノの成功は、ロシア政府が極東地域に投資家を歓迎するという華々しい約束を守るかどうかにかかっている。「確かに、ウラジオストクは香港の例にならうことができるだろう。だが、我々としてはまだ、ロシアは西を向いており、ロシア人は自分たちのことをむしろヨーロッパ人だと思っていると感じている」。中国企業ヘジュンコンサルティング(和君諮詢)の創業者の王明夫会長はこう話す。 今月、アジア企業に開発計画を売り込むためにウラジオストクで開かれた政府主催の会議では、短いスピーチを行い、米国のアクション俳優、スティーブン・セガールと握手するためにウラジーミル・プーチン大統領が立ち寄ったが、会議に残って投資家との議論に参加することはなかった。プーチン氏の出身地で、最もヨーロッパらしいロシア都市の一つ、サンクトペテルブルクで開催される年次経済会議では、投資家との対話が大統領の習慣になっている。 ウラジオストクからほど近い中国黒竜江省の省長、陸昊氏は会議で、税関手続きにおけるロシアの過剰なお役所仕事とインフラプロジェクトの完了の遅延が中国人投資家をいら立たせていると不満を強く訴えた。 同じような問題がティグレ・デ・クリスタルを悩ませている。このカジノは、許可が出ず、建設が遅れたために、オープニングの予定を2度、変更せざるを得なかった。また、今年初めにできると約束されていた空港からの新道路は、10月8日のオープニングに間に合わなくなった。(By Kathrin Hille in Moscow/JBpress/Nikkei) <a ... Read More

夏休みはロシア:ウラジオストックへ!8月末に新カジノオープン

夏休みはロシア:ウラジオストックへ!8月末に新カジノオープン

■ ウラジオストク カジノ一覧カジノ新聞オンラインニュース- 2015年8月3日

極東ロシアの新カジノ、全方位集客の意向=国内+日中韓、アジア域内のギャンブラー誘致競争激化へ マカオのカジノインベスター、ローレンス・ホー氏が代表を務める香港上場の投資会社サミットアセントホールディング社が極東ロシアのウラジオストックで開発を進めるカジノIR(統合型リゾート)施設、ティグレ・デ・クリスタル・カジノ・リゾートについて、地元ロシアだけでなく、広く日本、韓国、中国のギャンブラー市場をターゲットにしているとのコメントを第一期オープン前に出しました。 サミットアセントホールディングス社ファイナンス・ディレクターのエリック・ランドヒアー氏が、単一市場のギャンブラーに依存しない意向を示しているという。また、ロシアのギャンブラー向けの会員登録受付を実施したところ、ロシア市場の需要が非常に高かったこともわかったとした。 Tigre de Cristal Casino Resort(クリスタル・タイガー・カジノ・リゾート)の開業予定日は(2015年)8月28日。 カジノエリア第一期では、5つのVIP専用テーブルの他、42のゲーミングテーブルや759台のスロットがお目見えするとのことで121室の高級ホテルやその他施設もオープン予定とのこと。 二期工事では、100を超えるVIP専用テーブルに、70のゲーミングテーブル、さらに500台のスロットが追加される予定で、ホテル500室やショッピングモール、レストラン街、スパやナイトクラブも併設される予定だ。 アジア地域のカジノ国・地域はマカオ、シンガポール、フィリピン、ベトナム、カンボジアと東南アジアに集中しており、特に中国人VIPギャンブラーをめぐる激しい顧客獲得競争が繰り広げられている。北アジアでは韓国が唯一となるが、ウラジオストックは中国東北部に近い位置にあることから、今後、競合するとみられる。 <a href=""> Read More

ウラジオストク カジノ情報

ウラジオストク カジノ情報

■ ウラジオストク カジノ一覧カジノ新聞オンラインニュース- 2012年9月10日

お問合せを反映し、以下のとおり ウラジオストク(ロシア)のカジノ情報を掲載いたします。 尚、下記掲載のカジノ中、既に閉鎖、あるいは移転しているものの情報が 含まれている可能性のございますことを予めご了承ください。 ホテル・ヒュンダイ HYUNDAI HOTEL 韓国の現代グループの高級ホテル。 カジノを併設。http://www.hotelhyundai.ru/jp/ ホテル ヴェルサイユ HOTEL VERSAILLES ウラジオストクの中心、スヴェトランスカヤ通りにあるホテルで、カジノを併設。 その他のウラジオストクのカジノ Casino Bingo Tel:+7 423 222 5022 住所:Ulitsa Svetlanskaya, 44 Casino Eldorado ... Read More