Category: ニュース一覧

カジノ新聞が興味深い情報を発信。アジアのカジノ情報満載。

至極のリゾート ボラカイ島に「ボラカイ・ポーカー&ゲーミング」がオープン!(VGIグループ)

至極のリゾート ボラカイ島に「ボラカイ・ポーカー&ゲーミング」がオープン!(VGIグループ)

● カジノ話題のトピックスカジノ新聞オンラインニュース- 2017年10月7日

Boracay Poker ボラカイポーカー 世界最高の島..評価獲得やアジアのベストビーチ1位など、今や世界中から、「行ってみたい南国の島」で常に上位にランキングされている高級リゾート・アイランドがフィリピンのボラカイ島。 そのボラカイ島で先般、待望のギャンブルゾーンとして、パラダイスガーデン・リゾートホテル(ステーション2)に、ボラカイ・ポーカー(Boracay Poker)がオープンしました。 ボラカイ・ポーカーを運営するのは、フィリピン国内でPAGCORライセンスの下、店舗型カジノ施設を展開しているVGIグループ(※VGI:Visayan Gaming Inc.)である。 ※PAGCOR:(Philippine Amusement and Gaming Corporation)フィリピン アミューズメント アンド ゲーミング コーポレーションとは、フィリピン政府管轄のカジノ運営公社、カジノライセンス発行元。 VGIグループが業界ビッグネームを抑えてのボラカイ島でのゲーミング事業ライセンスを獲得したことは、比国ポーカー界でも一大ニュースでありましたが、このボラカイ・ポーカーでは、ポーカーに加えて、EGM(egm-電子ゲーミングマシン)やバカラジャンケットも兼ね備えるという。 日本ではカジノ法案実施設計がいよいよ詰めの段階にある中、「ボラカイ・ポーカー」のようなホテル併設タイプのカジノゾーン、EGM系比国PAGCORモデルが全国の主要ホテルで展開されていくというのも将来ありきかもしれません。 ぜひ立ち寄りたいスポットがさらに一つ加わった至極のリゾートアイランド、フィリピンはボラカイ島であります。   Read More

フィリピン、公営カジノを民間に売却へ まずは直営17カ所対象

フィリピン、公営カジノを民間に売却へ まずは直営17カ所対象

● カジノ話題のトピックスカジノ新聞オンラインニュース- 2017年9月29日

フィリピン地方都市に点在する公営(PAGCOR)カジノ フィリピン政府は、公営カジノの民間への売却を進める方針だ。同国のカルロス・ドミンゲス財務相は、国営フィリピン娯楽賭博会社(PAGCOR)が運営するカジノを早ければ2018年から順次売却する意向を示した。PAGCORを本来の規制当局としての役割に専念させることなどが目的だ。現地紙マニラ・タイムズなどが報じた。 現在、PAGCORは北イロコス州のフォートイロカンディア・リゾートホテルなど直営17カ所と、民間との合弁事業などによる46カ所でカジノを運営している。ドミンゲス財務相は、第1段階として直営カジノ17カ所の売却を進めるとした。 これら17カ所の売却についてはすでにソレア・リゾート&カジノを運営するブルームベリー社やシティ・オブ・ドリームス・マニラのメルコリゾートなどが興味を示しており入札参加を検討している模様。 財務省は今後、直営カジノの規模や施設、運営状況などを個別に調査して評価額の査定などを行い、売却方法を決定する。すべての調査は年内に終了させる予定で、早ければ18年から売却手続きが開始される見通しだ。 PAGCORは政府が所有する会社として、純利益の半分以上を国庫に納めるよう定められている。17年1~3月期のカジノ収入は前年同期比27%増の約140億ペソ(309億円)で、財務省に約65億ペソ、内国歳入庁に約16億ペソを納めた。 売却が歳入減につながるとの指摘もあるが、ドミンゲス財務相は「そもそも国の運営するカジノが民間のカジノと競争して勝てるとは思わない」と述べ、いま売却を進めなくては将来的に公営カジノの来場者が減少していく可能性が高いとの見解を示した。 また、現状ではカジノの規制当局であるPAGCORが規制対象を運営するといういびつな形であることから「民間に売却することで、PAGCORが現状で陥っている利益相反の状態が解消することになる」と強調した。 ただし、合弁事業による運営を行っているカジノについては、契約形態が多岐にわたっているため、最終的にすべての売却を完了するまでには数年を要する見通しだという。 Read More

[コラム] スポーツベットの本音!?(ひいきのチーム勝利にベットできないジレンマ・・

[コラム] スポーツベットの本音!?(ひいきのチーム勝利にベットできないジレンマ・・

ニュース一覧カジノ新聞オンラインニュース- 2017年9月24日

JBETスポーツベッティング プロ野球で言えば今も昔も日本全国のジャイアンツファン、熱狂的な猛虎タイガースファン、地元色の強い広島カープファンや最近では東北楽天や日ハム北海道であろうか。サッカーのJリーグでも鹿島や川崎F、横浜FMにC大阪と地元ファンが圧倒的に多い。 いずれにしても、それぞれのスポーツでお気に入りの選手やひいきのチームは個人個人持っているものだ。ゴルフやテニス、ボクシングといった個人プロスポーツでも、松山英樹(ゴルフ)や錦織圭(テニス)、あるいは日本以外の国の選手のファンも多いと思う。 ひいきのチームや選手の試合があると、それも優勝のかかった大事な一戦や注目のタイトル戦等々、当然ふつうにひいきのチームや選手を応援(観戦)することになる。先だって広島が2年連続のリーグ優勝を決めた甲子園での阪神・広島戦、猛虎タイガースファンは地元での胴上げを阻止すべく、ふだん以上に阪神勝利への応援に力がこもったことと想像できる。 ところが実はこれがいざ、スポーツベットの場合となると、ファン=(イコール)そのチームの勝利へベット、とはいかないのが現実らしい。要するに熱狂的な阪神ファンであっても、相手チームの勝利にベットしつつ、実際の観戦ではひいきの阪神を応援すると言うおかしな構図がけっこうふつうに行われているというのだ。(※ベット=英語のBET、賭ける、の意) 大阪在住で猛虎ファンでありかつスポーツベットにいそしむ友人のN氏へ聞いたところ、「ギャンブルは別もんや」との一発回答であった。。実際N氏も広島のマジック1で迎えた甲子園では猛虎の旗をふりつつも勢いでまさる広島が勝って優勝を決めるにベットしていたというのだ。 近ごろではどこのスポーツブックメーカー(スポーツベット、スポーツベッティングとも呼ぶ)でも、メジャーリーグはもちろんのこと、ヨーロッパのサッカーリーグや、日本のプロ野球、Jリーグ等々、日本のスポーツもほとんど網羅しているとのことで、その氏のいわくの、ひいき別もんのギャンブルも合わせて楽しんでるファンが多いと言うことであった。 一度自身の興味あるスポーツでひいきのチームや選手の勝利がどの程度のオッズで評価されているか見てみるだけでも面白いかもしれない。 Read More

中国の「ビットコイン」取引所、売買停止へ

● カジノ合法化ニュースカジノ新聞オンラインニュース- 2017年9月18日

https://www.facebook.com/casinoshinbun/videos/1146237515477772/   中国で「ビットコイン」などの仮想通貨を取り扱う3つの大手取引所が、相次いで売買を全面停止すると発表した。   中国で「ビットコイン」などの仮想通貨を取り扱う「ビットコインチャイナ」など3つの大手取引所は、15日までに、仮想通貨の売買を10月末までに全面停止すると相次いで発表した。いずれも当局の指導を受けたためと説明している。   中国メディアによると、取引所の相次ぐ取引停止決定を受け、中国のビットコイン価格は、一時大幅に下落した。ビットコインは、中国でも人気が高まっていたが、10月の共産党大会を前に、外国への資金流出や資産バブルを懸念する金融当局が監視を強化し、一気に抑え込んだ形。     中国大手仮想通貨取引OKCoinとHuobiは、10月末日までに取引を停止することが分かった。   先にBTCChina(BTCC)は9月末日で取引停止の対応を発表していた。OKCoinとHuobiはこれに続く流れとなるが両社によると、取引停止に関しての確定的な情報は9月30日までに顧客に通達されるという。   また、BTCC、ViaBTC、Yunbiは、9月初旬に当局からの声明を受けて、取引停止をすると発表した。この時に、OKCoinとHuobiは、閉鎖の通知を受けていないと伝えていたが、事態は一転した。   ビットコインの取引量が多い中国の大手3の仮想通貨取引所が閉鎖となると、市場にも混乱を招きただちに相場も暴落。パニックや狼狽売り、または安値で拾い集めたりと、様々な声が飛び交い数日の間続いた。     今月はとにかく中国の取引所関連のニュースが多く、ICO禁止から法的規制まで、絶えず話題となっていた。その都度相場も反応していたが、今回BTCCに続いて他の仮想通貨取引所も閉鎖するとなると、今後もまだ一波乱ありそうだ。   ビットコインは16日19時現在、40万円ほどを推移しており、前日(24時間)比では、約19%のプラスとなっている。市場は一時回復の方向で落ち着きつつあると見られるが、一服後に何かしらの動きがあると予測される。今後の相場動向から目が離せない。   Read More

新次元スロット搭載‐JBETカジノ

新次元スロット搭載‐JBETカジノ

ニュース一覧カジノ新聞オンラインニュース- 2017年9月13日

最新のスロットをアジア独占搭載 オンラインカジノのバトルが熱いアジア。その中でもマルチプラットフォーム化が進んでるのはご存知の方は多いでしょう。ご紹介するJBETカジノは世界でも少ない完全SEAMLESSウォレットが搭載されており、モバイルもPCも同クレジットでプレイが楽々。まさしく業界でも最新のシステムとプレイヤー体験度が非常に高く、元来ひとつのソフトウエアしかプレイできなかったジパングカジノやワイルドジャングルと違い、プレイヤーに全てを並べ、プレイヤーが決める最も高いサービスを提供しょうとする姿勢が滲み出てる。 ウクライナ人、日本人、台湾人と比国人の共同体でアジア人向けのゲームに10億円以上つぎ込んだといわれるBBTECH社。熾烈なビッディングにW88社等を抑え、日本向けは3年独占権を保有すると言うJBETカジノ。無論日本語サービスは完全であるし入金関連もアジア全域によって異なるも実施中。モバイルライブバカラとルーレットもプレイ可能という本格化。モバイルスロットも100種以上でどこでもプレイ可能なHTML5でサラサラローディング確認済み!現在ではさらに毎日数千試合にもベットできるスポーツブック搭載のJBETカジノはオンラインカジノ愛好家にはたまらないサービスと言えましょう。 http://jbetcasino.com Read More