こちらは合法フィリピン全土で人気のインカジ・カフェ

大型カジノのオープンが目白押しのフィリピン首都圏ですが、カジノが合法化されているこの国では全国津々浦々にインカジ・カフェなるものが存在し大衆から人気を集めています。

インカジとは日本でいうところのインターネットカジノの略称ですが、オンラインカジノでプレイして遊ぶ場所を提供して、勝てばその場で現金に清算してくれるカジノカフェをフィリピンでは、Electronic Games(電子ゲーム)部門として分類されています。

日本のいわゆる裏カジノとはまったく異なる完全合法化されたギャンブルとなっていますが、入場制限としては21歳以上であることや、一回10(フィリピンペソ)=約25円で遊べるアーケード系のゲームやスロットゲームなど、手頃なギャンブルとして老若男女問わず、幅広い世代から人気のあるゲーミングスペースとなっているようです。

中でもInter-Active Entertainment Solutions Technologies, Inc. (IEST)が提供するInstaWin(インスタウィン)ブランドのElectronic Games(電子ゲーム)は、首都圏を中心にフィリピン全土で爆発的に店舗数を拡大中と言うことです。

win168_instawin

掲載画像の店舗は最新の店舗で人口密集地域であるパシッグ市内にオープンしたWIN168 Gaming、オープン以来日々多数のオンラインカジノゲームファンでにぎわっているとのことです。

大型カジノの建設ラッシュで壮大なスケールでのエンターテイメントシティを目指す首都圏に加え、全国レベルでのインカジ・カフェ大展開など、フィリピンのギャンブル産業もあのマカオに並ぶ日がやってくるのかもしれません。

WIN 168 Gaming
88 Meralco Avenue, Ortigas Center, Pasig city
(02) 631 1924
24時間営業

カテゴリー ● カジノ合法化ニュース