カジノ、本格検討に着手=推進本部が初会合 – 政府

カジノIR推進本部 初会合
 
政府は4日午前、カジノを含む統合型リゾート(IR)の整備に向けた推進本部の初会合を首相官邸で開き、本格検討に着手した。
 
カジノの運営方法や入場規制の在り方、IRを造りたい地方自治体が国の認定を受けるための手続きなどを話し合い、今秋の臨時国会にも詳細なルールを定めたIR実施法案を提出する。
 
推進本部は、安倍晋三首相を本部長に全閣僚で構成する。副本部長は菅義偉官房長官と石井啓一国土交通相(IR担当相)が務める。
 
安倍首相は初会合で「クリーンなカジノを実現するため、世界最高水準の規制を導入するとともに、それを的確に執行するための体制を整備する。これらを通じ、魅力ある日本型IRを造り上げたい」と述べた。
 
本部の下には学識経験者による推進会議を設置し、実施法案の策定を急ぐ。法案成立後、カジノ設置・運営業者らへの規制は、内閣府の外局として設置される「カジノ管理委員会」が担うが、委員会の規模、権限などが今後の論点になる。
 
(追記)
首相は会合のあいさつで、ギャンブル依存症などの課題に言及し、「IRについてのさまざまな懸念に万全の対策を講ずることも重要だ。クリーンなカジノを含んだ魅力ある日本型IRを作り上げたい」と述べた。
 
有識者会議は6日に初会合を開き、IR区域の認定制度やカジノ規制のあり方などを検討し、今夏ごろに大枠を取りまとめる。
 
選任されたメンバーは次の通り。
 
熊谷亮丸・大和総研常務執行役員
桜井敬子・学習院大教授
政治解説者の篠原文也氏
武内紀子コングレ社長
公認会計士の丸田健太郎氏
美原融・大阪商業大教授
山内弘隆・一橋大大学院教授
弁護士の渡辺雅之氏
 

カテゴリー ● カジノ合法化ニュース