[マカオ] アジア最大規模のカジノ見本市「G2Eアジア」開幕

G2E アジア2017(マカオ)

今年で11回目の節目を迎えるアジア最大規模のカジノ見本市「G2E(グローバル・ゲーミング・エキスポ)アジア2016」が今日(5月16日)午前、マカオ・コタイ地区のIR(統合型リゾート)ヴェネチアンマカオのコタイエキスポホールで開幕した。会期は5月18日までの3日間。

G2Eアジアはアメリカゲーミング協会とリード・エグジビションズの共催。マカオのみならずアジア地域を中心に世界中からカジノ業界関係者が集結し、業界の最新トレンドや技術を展示するほか、業界VIPスピーカーが登壇し、カジノ業界の最新情報や今後の展望などについて話し合うカンファレンスも多数用意されるなど、アジアにおけるゲーミング(カジノ)業界の情報、技術、人材が行き交う「ハブ」としての役割を担う見本市として重要視されている。

リード・エグジビションズが5月11日にマカオで行ったメディア向けブリーフィングの内容によれば、今回の展示面積は前回から25%拡大の2.8万平米、出展社数は20社増の180で、このうち3分の1が新規とのこと。ビジターの事前エントリーはすでに前回を上回る7000人超といい、オンサイトエントリーを含む3日間合計の来場者は1万2千人に達する見込みという。(macaushimbun)

CATEGORIES
Share This